本当に子供って何をするか分からないのです

先日、子供と近所の公園に遊びに行ってきました。ブランコや滑り台なんかの遊具で遊んだり、砂場でお砂遊びをして楽しい時間が過ごせました。

その公園は緑の多い公園で、桜やイチョウ、その他の木がたくさん植えてあって、子供にとってはちょっとした森のような感じで、お気に入りの公園のようです。

そんな木の下を歩いていると、何かの木の実のような、小さな紫色の実がたくさん落ちているのを見つけました。

地面に落ちている石を拾ったりするのが好きな我が子は、それを見逃しませんでした。小さな手で一つ一つ拾い始めたのです。

砂遊び用に持って来ていたプリンカップの中に、その拾った実を集めて嬉しそうです。

私もその様子を微笑ましく眺めていました。この後、大変なことが起こるとも知らずに…。

買い物がしたかったので、公園の帰りにスーパーに寄ることにしました。

さっき拾った木の実は捨てて帰るつもりだったのですが、子供が、どうしても持って帰りたい!と言うので、木の実を入れていたプリンカップを持たせたままスーパーに行きました。

買い物カートに子供を乗せて、スーパーの店内を見て回っていると、突然子供が「み!み!」と言い出したのです。何かと思って子供を見ると、鼻を触っています。

もしかして!と私は思い、子供の鼻を覗き込むと鼻の穴に、さっき拾った木の実が詰まっていたのです。

私は大急ぎで買い物を済ませ、子供を抱きかかえて走って家まで帰りました。

子供を寝転ばせて鼻の穴をよく見ると、簡単には取れそうもない場所に木の実が。

ピンセットを持ってきて鼻の穴に突っ込んで取り出そうとしても、とても無理です。

スマホで「子供 鼻 異物 詰まる」と検索して、異物の取り方を調べてみても良さそうな方法はなし。

まだ子供がだいぶ小さいので、鼻をかむ要領で息を吐いてもらうのも無理でした。

こうなれば最後の手段、病院に行くしかないと思い、私は再び子供を抱きかかえて、近所の耳鼻科までダッシュしました。

受付で子供の鼻に木の実が詰まったことを伝えると、すぐに診察してもらえました。

先生に吸引するような専門の機械を使って、やっと取り除いてもらえたのです。

まさか木の実でこんなことになるとは思いませんでした。今回は大事には至らなくて一安心。子供は何をするのか分からないので、気をつけなければいけないなと改めて思いました。