海の向こうの諸事情あれこれ、大規模なアメリカ

これは何もアメリカさんに限ったことではありません。最近、アメリカの社会問題ドキュメンタリーを見ました。海外へ行き、そちらである程度長く暮らしていると、だんだんその国の嫌なところも見えてくる、と言っていた知人のあの人やこの人の言葉も、そういうことかもしれないと憶測がつきました。

そこには資本大国アメリカでの事情も含まれています。国民のカード負債問題、買い物しすぎ、ムダに浪費しすぎの消費大国、肥満大国、貧富の差問題と・・・国の規模がやたら大きいだけに、とかく問題も多いのでしょう。アメリカと言えば、いい意味では自由の国です。

積極的に意見や見解を主張する国民性ゆえ、生き方や生きていくことに直結するポリシーや意見が二極化どころか、かなり多極化していることも伺える国です。株式や株主に対する方針なんかはしっかりしていると思いますね。

会社は株主あってこそのものゆえ、配当金はきちんと株主に一定額還元をするのが当然のシステムとして社会的に定着しているようです。だから株式投資文化も、まだまだ預貯金が主流の日本のそれとは比較にならないほど当たり前の文化。

その一方、やっぱりお金のない人には冷たい面があるのはこの国も同じようですね。
ある意味日本のそれよりもシビアと言えそうです。どこの国にも栄枯盛衰があって、よい面と悪い面があるものでしょう。

米国に関して言えばお国の規模が大きく、それだけお金も消費の責任もいちだんとでっかく集まったりついて回って来たり、影響の方もまた大きく出ると言えそうです。食べ物もおヒトも、ジャパニーズサイズがかわいらしく見えるぐらい、ドーーンとデッカイですし。

とにかくいろんな意味、何でも大規模なアメリカです。そしてその影響はアメリカぐらいの大きな規模となると、くも悪くもいろんな意味諸外国の方にも及ぶわけですね。

そこには日本国だって含まれます。まさにユナイテッドステイツ・・・それだけ背負うものも大きいことが分かる、米国社会の諸事情ドキュメンタリーでした。

“海の向こうの諸事情あれこれ、大規模なアメリカ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です